• 専攻概要
  • 在校生の皆様へ
  • 受験生の皆様へ
  • 企業・団体の皆様へ
  • アクセス お問い合わせ

企業・団体の皆様へ

  • 受託研究と共同研究

トップページ > 企業・団体の皆様へ | 受託研究と共同研究

受託研究と共同研究

概要

九州大学では、民間企業等の外部機関と受託研究・共同研究を積極的に行っています。

受託研究は、民間等研究機関様からライブラリーサイエンス専攻専任担当教員等本学の多様な研究者や、研究施設設備に着目していただき、本学が委託を受けて行う研究であり、本学の研究者は職務として当該研究を行います。

共同研究は、学術研究に従事する本学の職員が、本学と民間等研究機関様との共通の課題について共同で行う研究です。受託研究と共同研究はご負担いただく研究費の内容に違いがあります。

お申し込み手続き

民間企業等と本学との受託研究および共同研究の実施にあたっては、本学規則の定めるところにより契約を取り交わすこととなります。契約手続きの流れは以下の通りです。

① 事前相談
新規・継続等の研究課題で、本専攻で担当する研究者がすでに決定している場合は、民間企業等のご担当者様と本学研究者(教員)との間で契約に必要な研究内容、条件等について検討します。
本学における研究者が未決定な場合、または部局横断型の研究課題である場合は、産学・社会連携課の担当職員および産学官連携本部のコーディネータ等が応対します。

【担当者連絡先】
産学・社会連携課受託共同契約係 Tel.092-832-2140

② 申請書の提出
所定の様式の申請書を作成のうえ、本学担当にご提出願います。申請書の様式と記入要領は本学知的財産本部のWebサイトよりダウンロード可能です。

③ 受託研究・共同研究の受入決定
本学研究担当者が所属する担当部局長から民間企業等の申請者様宛に受入決定通知が送付されます。

④ 契約書内容の検討・協議
民間企業等の契約ご担当者様と本学産学官連携本部受託共同契約係とで、契約書(案)について検討、協議のうえ、契約書を作成します。基本的には本学ホームページにある所定の契約書雛形を基に協議いたします。

⑤ 合意・契約締結
契約書内容に双方合意した後、契約書の製本、押印手続きを行います。

⑥ 研究開始(研究経費の請求・支払)
本学経理担当から請求書を発行しますので、所定の期日までに研究費の支払いをお願いします。

もっと詳しい情報は…
受託研究、共同研究に関するより詳細な情報、九州大学の技術シーズ、知的財産の移転等、その他産学連携に関する情報については、九州大学産学官連携本部のWebサイトをご覧ください。

九州大学産学官連携本部 http://imaq.kyushu-u.ac.jp

TO TOP