• 専攻概要
  • 在校生の皆様へ
  • 受験生の皆様へ
  • 企業・団体の皆様へ
  • アクセス お問い合わせ

受験生の皆様へ

  • 入学案内
  • 選抜方法など
  • 授業科目一覧

トップページ > 受験生の皆様へ | 選抜方法など

選抜方法など

修士課程
博士後期課程

修士課程

アドミッションポリシー

次のような資質と問題意識を持つ人材を対象として入学者選抜を行います。

専攻の専門にかかわる諸問題を学際的に解決し、社会に成果を還元したいという意欲を有していること。
社会において先導的役割を果たしたいという意欲を有していること。
柔軟な発想力、基本的なコミュニケーション能力、幅広い教養を有していること。
社会人にあっては、企業や地域社会での経験、問題意識を大学において理論的に進化、体系化させたいという意欲を有していること。

選抜方法

入学者の選抜は、本学の入学資格を有する方を対象に、経験、問題意識、思考力、将来計画などを総合的に評価します。そのため、過去の業績や実績、入学後の研究計画、卒業後の進路計画からなる出願書類審査と口頭試問を行います。

定員

30名

社会人学生

本学の大学院への入学資格を有する方で、原則3年以上の実社会での経験がある社会人については特別選抜を行います。選抜は選抜書類、口頭試問で行います。

外国人学生

本学の大学院への入学資格を有する外国人には特別選抜を行います。選抜は日本語についての試験、出願書類審査、口頭試問で行います。

10月入学への対応

10月入学の定員は若干名とします。入学状況、専攻内容などに応じて個別指導や授業科目を配慮し、体系性のある教育を効率的に行うよう個別に対応します。



博士後期課程

アドミッションポリシー

専攻の専門にかかわる諸問題を学際的に解決し、社会に成果を還元したいという意欲を有していること。
社会において先導的役割を果たしたいという意欲を有していること。
柔軟な発想力、基本的なコミュニケーション能力、幅広い教養を有していること。
社会人にあっては、企業や地域社会での経験、問題意識を大学において理論的に進化、体系化させたいという意欲を有していること。

選抜方法

入学者の選抜は、本学の入学資格を有するものを対象に、今までの教育・研究内容及び今後の研究計画について英語でのプレゼンテーション及び質疑応答を行い、出願書類に基づき経験、問題意識、思考力、将来計画等を精査し、総合的に選抜します。

定員

4名

社会人学生

本学の大学院への入学資格を有するもので、入学時において実社会での経験を原則3年以上 持っている社会人については特別選抜を行います。 選抜は今までの教育・研究内容及び今後の研究計画について英語でのプレゼンテーション及び質疑応答を行い、出願書類に基づき経験、問題意識、思考力、将来計画等を精査し、総合的に選抜します。

外国人学生

今までの教育・研究内容及び今後の研究計画について英語でのプレゼンテーション及び英語と日本語による質疑応答を行い、出願書類に基づき経験、問題意識、思考力、将来計画等を精査し、総合的に選抜します。

TO TOP